知って得する中古トラック情報

ローンが残っているトラックの売却について

中古トラックの売却を考えている方の中には、
「ローン中だけど買取査定に出したい」という方もいらっしゃいます。

 

こうしたことは不可能ではありませんが、色々と面倒な点があります。

 

まず、ローンの終わっていない車両というのは、
実際に乗っている方が所有権を持っていないということがあります。

 

所有権は車検証にその名義が記されているのですが、
ローンが終わっていない車両については
融資をしている金融機関が所有者になっていることがあるのです。
ですから、この場合は当然車両を売却することはできません。

 

また、信販会社等のクレジットを利用して車両を購入する方もいらっしゃいますが、
この場合は購入者は使用者という扱いになってしまい、
所有権は信販会社や販売店が有するということになってしまいますので、
これまた売却を行うことができないということになります。

 

さらに、ディーラーなどでもローンでの決済を行っていますが、
こうしたケースでも所有権の問題から自由な売却を行うことはできません。

 

ですが、銀行からの借り入れ金でトラックを購入する場合はこれらとは事情が違ってきます。

 

このケースでは所有権が購入した人間の名義となっていますので、
問題なく売却を行うことができるのです。

 

また、このケース以外(上記3つのローンが終わっていないケース)でも売却を行う方法があります。

 

それは、現在乗っている車両を買取査定に出し、
査定額でローンの残債を返済するという方法です。

 

もっとも、この方法では査定額がローンの残額を上回っている必要がありますので、
この点は覚えておいてください。

 

しかしいずれにせよ、ローンの完済後に売却を行うというのが一番スッキリしていますので、
そうした手順を踏まれることをお勧めします。
 

業者選びに役立つ一括査定

現在、中古トラックの買取業はとても競争が激しく、
多くの業者がしのぎを削っています。
 

 

つまり、それだけ利用者(トラックの所有者)としては選択肢が多いということなのですが、
これは逆に言うと業者を絞り辛いということでもあります。

 

実際、トラックの売却を考えている方が最も悩まれるのが業者選びなのです。
では一体、どのように買取業者を選ぶべきなのでしょうか。

 

やはり、最も大切なのは複数の業者に査定を依頼し
その結果を比較するということです。

 

しかし、査定結果を比較すると言っても、各業者に個別に査定を依頼し、
その結果が出そろうまで待って比較検討するというのは、
相当大変な作業になってしまいます。

 

そこで、各業者の査定結果を比較する際には
一括査定サイトを利用することをお勧めします。

 

この一括査定サイトを利用すれば、
複数の業者に対して一括で買取査定を依頼することができ、
その結果についてもまとめて閲覧することができるのです。

 

ですから、どの業者の査定が高くどの業者の査定が低いかが一目瞭然で分かるのです。

 

しかし、いくら査定価格の違いがひと目で分かるからと言って、
最も高額な業者に即決してしまってはいけません。

 

というのも、数ある業者の中には査定価格は高くても
その分高額の手数料を取るという業者もいますし、
反対に査定価格は低くても手数料が全くかからないという業者もいるからです。

 

また、中には車両を引き渡す際に取りに来てもらうと手数料が高くなり、
持ち込むと安くなるという業者も存在します。

 

ですから、買取業者を比較検討する際には
こうした諸条件も併せ考えて判断する必要があります。